慶應ニューヨーク学院 合格おめでとう II

今日は先日に続き、ニューヨーク慶応高校の合格体験記 第2弾をお届けします。

= = = = = = = = = = = = = = = = = = 合格体験記 ③ = = = = = = = = = = = = = = = = = =

c0070949_20152888.jpg「僕はキャタルに来るまでは、それ程留学を本気で考えていなかったと思います。でも、キャタルに来始めて、周りの生徒さんが真剣にNY校や自分の夢を目指している姿を見て、いい意味で影響を受け自分も留学に対して本気になりました。

年末年始と入試直前の2つの講習の中で、自分の実力が上がっていることを感じることができました。英英辞書を使って意味を調べていても分からなかった単語やフレーズが、次第に想像できるようになり、作っていたカードの数も増えてきてそれが自信につながりました。

カードを沢山作って、何度も声に出して使っていたので、それを会話の中でどのように使っていいかが分かりました。最終的には、英語に対する勘がよくなって、試験や面接でも実力を出せたのだと思います。

都内の私立中学校に通う 藤井弘輝くん




= = = = = = = = = = = = = = = = = = 合格体験記 ④ = = = = = = = = = = = = = = = = = =

c0070949_20193118.jpg「正直、去年の夏にキャタルの夏期講習に参加したときはキャタルに行くのが嫌でした。英英辞典を無理矢理使わされ、書いてある意味も分からないのにどうしてこれを使うのだろうと考えていました。

それでも英英辞書は使っているとうちに慣れ、夏期講習が終わったときには、英語を好きな自分がいました!

キャタルのバイリンガルの先生達は自分が理解していないことを分かるまで教えてくれたり、発音を丁寧に教えてくれたりします。そんな先生達から英語を学んでいるうちに、私も人に教えられるくらいの英語力を身に付けたいと思うようになりました。

こうして英語を好きになり、新しい目標ができたことは慶應ニューヨーク校に挑戦してみようという一つのきっかけとなりました。キャタルで一緒にレッスンを受けた友達は、いいライバルであり、最終的にはお互いを励ましあうことができる仲間でした。
皆の存在は自分にとっていい刺激になり、これからも更なる目標を目指す原動力になると思います。」
都内の私立中学校に通う 松沢ゆかさん(写真左)

[PR]

by catal | 2007-07-24 19:16 | お客様の声  

<< ブリティッシュ・スクール・イン... 自由が丘校 開校! >>