「The Story of Mankind」 英語で歴史を学ぶ学習塾

英語は武器であり、道具である
英語とは決してそれ自体では、目的となりえない

英語塾キャタルでは、英語を使う喜びを伝えることも目的の一つであると考えています。


皆さんは、何のために英語を学んでいますか?
留学のため。
将来のため。
受験のため。
さまざまな目的がありますが、どれも本来的には「英語を使えるようになる」ために英語を学習しているのでしょう。
生徒さんにいち早く英語を使う喜びを感じてもらうために、キャタルの教室では英語で歴史を学ぶレッスンを行いました。

歴史を学ぶ理由
歴史を学ぶということは、過去を知り未来を予測する力を養うことだと考えています。これを少しでも感じてもらえるように、歴史の詳細な出来事や年号を覚えるのではなく、大きな枠とそれが現在にどのように影響を及ぼしているかを考え、過去の出来事を身近に感じ、歴史で学んだことから自分の行動をよりよいものにしていくことができる人材を育てたいと考えています。

c0070949_1725259.jpg教科書は「The Story of Mankind」
第1タームは「ルネサンス」について、第2タームは「産業革命」について学びました。1タームは2回に分かれていて、1回目は日本語も交えて歴史の大きな流れとその出来事の影響について、2回目は英語の文献を読みながら出来事の詳細を確認し、単語や言い回しを学び、最終的には英語でサマリーを書くというものです。
教科書には、「The Story of Mankind」を使っています。この本は、優れた児童文学書に贈られる、John Newbery Medalの栄えある第1回目の受賞作で、歴史の始まりから現在までの歴史のエッセンスをわかりやすくまとめた本です。


レッスンを受けた生徒さんの感想
私立高校1年 Sくんの感想
「何のために歴史を勉強するのか」と尋ねられた時、私は少し戸惑ってしまいました。今まで高校受験の勉強をしていた頃は、そんなことを考えたこともありませんでした。ただ言えるのは、テストに出るからと点数を取るためということです。
キャタルの世界史の授業では、受験とは違った視点で歴史を見ることができた気がします。
「何のために歴史をするのか」その答えは「未来を予想するため」と聞きました。確かに歴史は繰り返されるなんて言葉もあるので妙に納得してしまいました。さらに私は、自分の状況と歴史上の人物を比較してどうすれば良いのかと参考にしたいと思います。世界の歴史を英語で学ぶ楽しさを知り、これからの自分に役立てたいと感じました。

私立高校2年生 Kくんの感想
個人の名前や地名をひたすら覚えていく学校の授業と違い、大きな流れで考える事で難しく考えすぎずに歴史について向き合えた事が自分の中での新しい発見でした。
形式的でない進行だったので聞きやすかったです。英語で歴史を学ぶ準備にもなり良かったと思います。
[PR]

by catal | 2007-10-05 03:39 | おすすめ  

<< 英検を勉強して、「強い英語力」... 慶應義塾大学理工学部4年 加留... >>