森村学園中等部3年 渡辺寧々さん

今日は、森村学園中等部3年生の渡辺寧々さんをご紹介します。

寧々さんは将来留学をしたいと考え、英語塾キャタルの渋谷校で学んでいます。
キャタルのバイリンガル講師の赤坂先生とのレッスンについてインタビューをしました。

c0070949_1713276.jpg
キャタルの赤坂先生(左)と渡辺寧々さん(右)

Q 寧々ちゃんの英語好きとモチベーションの高さはキャタルのスタッフ内でも有名です。好きになったきっかけは何ですか?

小さいときから海外旅行に行ったり、インターナショナルスクールのサマースクールに参加していたので、言葉の壁はあったけど英語の雰囲気が楽しくて好きでした。

でもだんだん大きくなって、『私もちゃんと話せるようになりたいなぁ』と思うようになり、日本人なのに英語がペラペラのバイリンガルに憧れを持つようになって、勉強しているうちにもっと好きになりました。


Q キャタルで勉強をする前と今では、どのような変化がありましたか?

前から英語は好きだったので、英検も受けていたし、学校のテストでも良い点をとるように頑張っていました。でもキャタル塾に来て、他の人が英語をすごく頑張っているのをみて、自分ももっとやらなきゃ!ってやる気がでました。

今年の夏にサマースクールに行ったときは、外国人を前にしてもなんて返事をすればいいか困らず、一度考えてから落ち着いて会話することができました。

レッスンで赤坂先生とフレーズの練習をたくさんして、英会話のポイントなどを教えてもらっていたので、それが大きな自信になりました。


Q レッスンについて教えてください。好きなところはどこですか?

先生と一緒にカードを使って、わかりやすく例文を覚えたり、フレーズや例文を考えたりするところが大好きです。

自分で実際にスピーキングやライティングをしながら英語で文をあみ出していく発見が楽しいです。

でも一番は、先生がイギリスに長く住んでいらしたので、毎回先生とBritish Englishで会話し、向こうの生活についての話を聞くのも毎回楽しみにしています。


Q レッスンの難しいところはありますか?

一番難しいのは、CDと一緒にテキストの音読をすることです。

この間まで読んでいた本は大丈夫だったけど、今読んでいる”Gulliver’s Travels”(ガリバー旅行記)は凄く速いです。

ゆっくり読めばすぐに意味がわかっても、CDを聞きながら即座に理解することは難しいです。

でもこれができないと海外留学をしたときに一人で生きてけないと思うので、もっと現地の人との会話でリスニングもできるようにこれからも頑張っていきたいと思います。


Q それでは―最後に一言お願いします。

毎回のキャタルのレッスンで赤坂先生と会って授業や会話が楽しくて、英語で自信がなくなったときでもとっても勇気付けられています。

留学したときに自分の言いたいことをきちんと伝えられるように、しっかり勉強していきたいと思います。


寧々さんありがとうございました。
これからも、楽しく積極的に英語を学んでください!






高校留学を目指すならキャタル
[PR]

by catal | 2007-11-20 17:08 | 授業紹介  

<< 「強い英語力」を手に入れる冬期... 英検を勉強して、「強い英語力」... >>