カテゴリ:英語教育( 11 )

 

マインドマップのすゝめ

前回、ブリティッシュ・スクールの訪問記において、「マインドマップ」が使われているお話をしました。今回はそのマインドマップについてご紹介します。

マインドマップ。一言でお伝えするとそれは、頭の中の見取り図を色や絵、言葉を線でつなげたりして紙の上に書いたものです。
私たちの頭の中はどのようになっているでしょうか?箇条書き?それとも文章で構成されているのでしょうか?違いますよね。私たちの頭の中は、イメージと連想によって構成されています。そのイメージと連想を分かりやすく図式化したものがマインドマップなのです。

c0070949_20214191.jpg

あの天才達もマインドマップを使っていた!
歴史に残る天才と言えば…レオナルドダビンチ、アインシュタイン、エジソン、モーツアルト。
彼らも皆マインドマップの手法を使っていたといわれています。彼らのノートは非常に特徴的で文字や絵、色彩がふんだんに使われており、論理的思考を司る左脳とイメージや直感を司る右脳をリンクさせて物事を考えていたことがうかがえます。

これは天才だけに限られた能力でしょうか?

私たちも物事を考える時イメージを頭に思い浮かべるのではないでしょうか。また、それを色々なものと関連付けて考えを進めていくでしょう。私たちも、天才と同じように物事を考え、このマインドマップを使うことで天才のような成果をだせるとしたらどうでしょう。マインドマップの考案者であるトニー・ブサン氏は、「天才は作り出すことができる」と考えています。マインドマップを使って、自分の思考力や記憶力、想像力を高めることができるとすれば素晴らしいと思いませんか?
c0070949_20221495.jpg
チャールズ・ダーウィンの進化の木の線画

マインドマップはどのように使えるか?
マインドマップは全ての知的作業に役立つといわれています。たとえばキャタルのレッスンでは、リーディングやライティングのレッスンで利用できます。
また、関連あるものを一つの塊にして記憶をする記憶術も学ぶことができます。スポーツにおいては目標設定とそれを実現させるために現状把握、実際の行動計画の作成などに役立つとも言われています。
これは、私たちの学習にも役立つと思いませんか?

c0070949_20223293.jpg

マインドマップの大家、トニー・ブサン氏からキャタルの生徒さんへメッセージ
ブザン氏は子どもたちが脳の働きを理解して、脳を活性化して物事を考えることができるようになることを一つにミッションとしています。まさに「学ぶことを学ぶ」ための最善の手法の一つがマインドマップの活用だと言っています。
脳の研究をされている方なんて気難しいのかな・・・と思われるかもしれませんが、全く逆でイギリス紳士らしくウィットに富んだ、けれども的をずばっとつく話し方が非常に印象的な方です。
そんなブザン氏から、マインドマップに取り組むキャタルの生徒さんへメッセージです:

君たちは生まれながらのリーダーだ。
これからの世の中をよくしていくために君たちの若いパワーを使って欲しい。




マインドマップを使って英語を学ぶキャタル
人気ランキング ブログの殿堂!
[PR]

by catal | 2007-08-03 20:26 | 英語教育  

~フィンランドの教育現場から~

皆様、あけましておめでとうございます。今年も宜しくお願い致します。
キャタルスタッフ一同、昨年以上に英語教育に取り組んでいきたいと思っております。

1月も終わりに近づいてきましたが、今年の抱負はすでに行動に移していますか?

今回はフィンランドの教育の一部を「フィンランド・メソッド入門」(北川達夫著)よりご紹介したいと思います。みなさんは「フィンランド」というとどのようなイメージがありますか?

c0070949_103951100.jpg
「北欧」
「サンタクロースの故郷」
「ムーミン」などでしょうか。

実はフィンランドは「子供たちの読解力が世界一」なのです。世界各国の15歳の子供対象に3年に一度、OECDが国際統一テストを実施していて、数学、科学、読解力を測る調査があります。そこでフィンランドが2000年、2003年と連続して1位を取ったのです。

一つの理由としては、フィンランドが「論理力」というのを教育の中で養っているからです。ではその「論理力」とは一体何でしょうか?

そんなに難しいことではありません。いつも“Miksi?”―「どうして?」と問いかければいいのです。「どうして?」「なぜ?」と問うことによって、ある考えを深く掘り下げ、分析し、客観的に物事を見ることができます。そうすることによって自分の考えや意見が論理的に明確になっていくのです。また、そのような問いかけで、今まで受身になっていた学び方も能動的になるのです。

実際に海外の大学ではこのような思考回路を鍛えていき、分析力や質問力、批判思考力、論理力を高めていきます。

そして、この「どうして?」という問いかけは自分自身を知る機会でもあるのです。

「どうして今、英語を勉強しているのかな。」
「どうして留学したいんだろう。」
「どうしてこんなにスポーツがおもしろいんだろう。」
「どうして将来は国連で働きたいんだろう。」

毎日ある物事や考えに対して「どうして?」「なぜ?」と問いかけていくことによって、思わぬところで効果を発揮します。例えば英語のエッセイを論理的に書く時やレポートのまとめを書く時、また自分の意見を発言する時、などなど。海外ではこの論理的思考が日常的に求められ、必然となってきます。

今日からは:
・本を読むとき
・ニュースを聞くとき
・映画を観るとき
・親や先生の話を聞いているとき
・友人と話しているとき
・キャタルでレッスンを受けているとき

ふと、「どうして?」と問いかけてみてください。小さなことを毎日行うことによって、きっと知らないうちに自分の考え方やものの見方が変わっていくに違いないでしょう!

*お知らせ*
1月27日(土)に「小中高校生のためのイギリス留学セミナー」を開催します♪
このセミナーを機会に「どうして留学を選ぶのか?」を考えてみませんか?
https://www.catal.jp/form/gabbitas/

バイリンガルを育てる〜英語の家庭教師+英語塾「英語寺子屋」キャタル
[PR]

by catal | 2007-01-23 10:57 | 英語教育  

あなたの英語力測ります

こんにちは、ツダです。
落ち葉が風に舞う季節となりました。

「自分の英語力ってどのくらいなんだろう」 と思ったことはありますか。

キャタルでは、リスニング、文法、ボキャブラリー、リーディング、ライティングの5つの英語のスキルを数値化して、ご自身の英語力を認識していただくテストを実施しています。
その名も、キャタルテスト!
きめ細かく現状を分析して、自分の英語力の認識と課題の発見をしていただくことのできるテストです。

キャタルテストの結果はカリキュラムに反映して、弱点を克服しながら、強い箇所をさらに伸ばしていけるようにレッスンの指針にもなっています。
また、このテストのレベルを上げることを一つのゴールとして、目標達成に対する意識を高めるていただいているのもこのテストの特徴です。

次回のキャタルテスト実施日は12月15日と17日!
生徒の皆さん、日頃の成果を精一杯出せるように頑張ってください。
応援しています☆

c0070949_23292060.jpg

※ キャタルテストは現在無料公開中ですが、小中高生の方を対象とさせていただいてます。
悪しからずご了承ください。
[PR]

by catal | 2006-11-28 23:32 | 英語教育  

辞書

キャタルが移転しました!!そのため、目が回るような忙しさでこのブログも最近アップデートできていませんでした・・・申し訳ございません!

今回は英語学習に欠かせない辞書のことについて書かせていただきます。

みなさんは電子辞書、それとも紙の辞書を使っていますか?英和辞書ですか、それとも英英辞書でしょうか?

実は私は去年、日本にもどってくるまでは電子辞書というものを使ったことがありませんでした。オーストラリアでは店頭に売っていないこともありますが、なぜか紙の辞書がとても落ち着くのです。

c0070949_1323730.jpgちなみに私が愛用していた辞書は「Longman」から出版されている英英の「Longman Contemporary Dictionary of English」。 11年生の時にある尊敬する英語の先生に教えてもらって以来ずっと使っています。その頃は、今のようにCD-ROMなどはついていませんでしたが、挿絵などで言葉の違いなどを明確にしているところやわかりやすい意味と例文で説明しているところが特に気に入って使っていました。私の英語習得に欠かせない思い出の辞書です! 

電子辞書も日本に来てから買ったのですが、あまり出番がないです・・・というのも、いろいろなボタンを押さないと自分の求めているもの(用例など)にたどりつくことができないからです。パッと全てを見ることができないととてもイライラしてしまいます。紙の辞書だと調べている単語の周りにある他の単語もついでに読み、こんなに似ているつづりなのに、全く違う意味なんだ!という新たな発見もできて結構面白いです。

英和・和英機能もほとんど使っていません・・・(もちろん翻訳する時以外ですが。)
私自身は英英を使うだけでも英語力は確実に伸びると信じています。ある英単語を日本語の意味で覚えていても、結局は実際の場面で使えるとは限らないし、バイリンガルのように「英語のセンス」(どのような状況や場面、文章で使うのがふさわしいのか)を磨くことができません。

c0070949_1322720.jpg最近キャタルでお勧めしているのは「Collins」から出ている英英辞書「Cobuild Learner's Dictionary」。少し難しいかもしれませんが、いい例文やわかりやすい説明が載っているのでとても勉強になるし、使いやすいですよ。


英和から英英の辞書を使うこと、そして電子辞書から紙の辞書を使うことでバイリンガルへの道に一歩近づくのではないでしょうか?

沼田

「キャタルの教室」開講しました!!詳しくはこちら
英語・英会話|家庭教師ならキャタル
[PR]

by catal | 2006-04-28 10:45 | 英語教育  

Bilingual method in ''The Broker''

こんにちは、沼田です。

今回はバイリンガルメソッドについて偶然の発見をお伝えしたいと思います。

読書が大好きな私は時間の許す限り電車の中や休日に英語の小説を読んでいます。英語に初めて出会った小・中学校時代は「Roald Dahl」の本にはまり、高校時代は研究者になることを憧れ理系のノンフィクションを読み、大学時代には様々な小説を読んでいました。

最近、はまっているのが「John Grisham」という元弁護士の作家で、文章の書き方や語彙、表現の使い方がとても勉強になります。最近「The Broker」という本を読み終えたのですが、その中でキャタルのバイリンガルメソッドを偶然見つけたのでご紹介します。

アメリカ人のブローカーが、過去をすべて消し、イタリア人としてイタリアに強制的に住むことになるのですが、ストーリーの中でイタリア語を習得する主人公の姿があります。二人の家庭教師に出会い、まさしくバイリンガルメソッドと同じようにイタリア語を習得していきます:

①リピート練習をする:' To learn to speak the language, then you have to speak it, over and over and over, just like when you were a child.'

このお話の中に出てくる一人の女性家庭教師は、先に文章をいい聞かせ、主人公が完璧に言えるまで一つの文章を何回もリピート練習させています。これは初めてキャタルを訪れる生徒さんたちに必ずしてもらうことでもあります。

②動詞を中心に学ぶ:'Verbs, verbs, verbs. Ermanno kept saying that to master Italian, or any Romance language for that matter, you had to know the verbs.'

もう一人の男性家庭教師は動詞をマスターしない限りイタリア語や英語(ローマ字の言語)はマスターすることができないといっています。キャタルでも生徒さんが英語を習得する際に動詞中心でボキャブラリーや表現などを使えるようにレッスンを進めています。

今まで様々な形で英語を勉強してきましたが、今振り返ってみるとバイリンガルメソッドというものがとても効果的な勉強方法だということをキャタルで働き始め、思い知りました。

これから英語を習得したいという方は是非、お試し下さい!

バイリンガルメソッドで英語習得を!英語家庭教師:キャタル
[PR]

by catal | 2006-03-14 13:04 | 英語教育  

「教えない」英語教育

先週から徐々に暖かくなってきて、好きなマフラーも不要になりつつありますが、キャタルへ入社して早いものであっという間に3ヶ月が過ぎようとしています。

今回は私、川本が最近読んで非常に多くの学びがあった著書”「教えない」英語教育”(市川 力著)について、印象に残った箇所をピックアップしてみたいと思います。

まずは幼児期から小学低学年までの間に英語圏の海外に行ってしまうと、半年も経たないうちに日本語力が低下し、よほど意識して使わない限り、どちらの言語も読み書きに難のある、いわゆる「セミリンガル」状態に陥ってしまうという事実。

続いて、「読み聞かせ」は決して「受動的」なものではなく、思考力を高める「対話」を活性化するという重大な役割を示している、ということ。

最後に、これは当たり前のことだが、「母語の力」以上の「外国語の力」は身につかない、ということ。

これに関連させて
「人は自分の持っているボキャブラリー以上に深く考えることができない」

という言葉が個人的には好きなのですが、こんなことを言ってる自分自身が日本語のボキャブラリーが不足しているのでここ数年はよく読書をしています。
英語もそうですが、やはり良質な本を読むことによって(できれば声に出して読む)国語力は磨かれていくものです。

小学生、中学生の子供を持つご両親にはこの本は特におすすめです。
お時間ある時に読んでみてください!

本気でバイリンガルを目指そう!バイリンガル講師が直接指導する家庭教師:キャタル
講師の声を聞いてみよう!動画最新版UP!
[PR]

by catal | 2006-03-06 22:43 | 英語教育  

English as a global language

こんにちは、神尾です。
今回は、私が大学の頃取ってた授業の中で面白かったものの一つを紹介します。
タイトルの通り、その授業はEnglish as a global languageというもので
英語がどのようにして世界中に広がっていったかという事や、なぜもともと
英語圏ではない国が公用語として英語を選んだのかなどを勉強しました。

現在、世界人口の1/4の人々が、英語を完璧に話す、または英語の知識が
あるといわれています。日本も義務教育の教科に英語があるように様々な
国でこうして英語が第2外国語として教えられています。また、ナイジェリア
は一つの国の中に何百という言語があるのに、公用語として英語が
使われています。

では、なぜ英語が世界中で通じる言葉になったと思いますか?
それは、英語を母国語としていた人達がとても大きな影響力を
持っていたからです。19世紀ではイギリスが、20世紀ではアメリカが
政治力、軍事力ともに大きな力を発揮していたからなのです。
スペイン語や中国語は、英語以外全ての言語に比べると話す人口は多いけれど、
話す人口が多いだけでは国際語には発展しないのです。

これらは、David Crystal の'English as a Global Language'という
本から得た知識ですが、このように英語の勉強以外に、なぜ
国際人になる為に必要なのは英語なのかという事を知るのも
とても興味深いものです。

このブログを読んで少しでも面白いと感じた方、ぜひ本を読んでみてください。

バイリンガルになるための英語教育。お子様の力に合わせた英語教育を。家庭教師はキャタル
[PR]

by catal | 2006-03-03 10:55 | 英語教育  

変わった英語学習法

こんにちは、三石です。
今日は、一つ変わった学習法を皆さんにお伝えします。

クマ君というとても優秀な講師がいます。その天才的な回転の速さに加え(普段はそうはみえないのですが)、TOEIC、TOEFL共に満点、国連英検特A級と資格面でもその優秀さがうかがえます。

さて、彼は小学校までアメリカにいて、中学時代は日本で過ごしていました。高校からまたアメリカに戻るのですが、中学の当時は日本の有名な進学校で普通の中学生として日本語どっぷりの生活を送っていたようです。その当時、英語を使う機会が無かった彼の英語学習法がとっても変わっています。

その勉強法とは、
『英語で一時間独り言』

まぁ、独り言といっても、頭の中の思考を英語にするらしいのですが、電車の中で普通の中学生の制服を着ながら、頭の中は英語で「あー、疲れた。席あかないかな」とか、「今日の宿題沢山でたなぁ」とか考えていたそうです。想像すると結構笑えます。

これはある程度の英語力がないとできない勉強法ではありますが、日本にいると英語を話す機会に恵まれず、それが英語力の向上を阻んでいる一つの要因になっていることがあります。ここで彼の勉強法から得られるヒントとしては、独り言でもいいから英語を使ってみるということです。何も無いところで突然一人で英語を話すのは難しいと思いますが、たとえば何度も見た映画を、今度は一人でまねしながら見直すとか、車の中で同じ英語をテープを何度も聞きながらまねするとか、英語学習では英語が話せる人を見つけないと勉強できないわけではないので、是非皆さんもこの『英語で一時間独り言』をヒントに勉強してみてください。

バイリンガル英語家庭教師のキャタル
慶応ニューヨーク学院合格を目指して!
[PR]

by catal | 2006-02-16 10:34 | 英語教育  

道の始まり

カリキュラム作成や教材の担当をしている沼田です。
バイリンガルへの道というタイトルにちなんで、私自身の道の始まりをご紹介したいと思います。

始まりは小学5年生になって数ヶ月後のことでした。海外旅行にも行ったことがなかった私たち兄弟に親からオーストラリアにこれから住むぞ!と言われ、オーストラリアがどこにあるかもわからないまま飛行機に乗りました。今と違ってその頃の小学校では英語の科目がなかったので、初めてネイティブの英語を聞いたのは飛行機の中だったと思います。今まで日本の街中に住んでいた私にとって、まったく違う環境の中でのスタートでした。

日本人学校ではなく、なぜか現地の学校に行くということになり、子供なりにドキドキしていたのを覚えています。クラスでは一日中、月曜日から金曜日までわけのわからない言葉(英語だったのですが・・・)を耳にしながら時を過ごしていました。ただ、唯一わかっていたのは「先生が何か話している」だけだったのです。

自分の思いも伝わらず、楽しいとかうれしいなど表現する言葉もまったくわからなかったので、無口になり、何回も先生や他の生徒たちの前で悔し涙を流していたのを今でも覚えています。小学校のころのレポートカードには「わからないとすぐ泣いてしまう」みたいなコメントが書かれていました。日本ではかなり成績に自信があった私は初めて「挫折」を味わったのです。

「英語=恐怖、不安、悔しい思い、恥ずかしいもの」であった最初の出会いも長~い道のりを経て、今では「英語=たくさんの出会い、機会、なくてもならないもの」になっています。

キャタルで英語を学んでいる生徒さんたちに是非、言いたいです。バイリンガルへの道の始まりは人それぞれですが、決して諦めずに自分の目指すものをもっていれば必ず英語を自分のものにすることができる!ということを。これからもみなさんの夢の実現を心から応援していきたいと思っています!

バイリンガルを本気で目指す:キャタル
キャタルのバイリンガル講師の声を聞こう:動画配信中!!
[PR]

by catal | 2006-01-20 13:17 | 英語教育  

慶應NYコース特別レッスン②

c0070949_1324273.jpg
さて、昨日お伝えした慶應NY特別クラスについて、受講した生徒さんからの感想をご紹介します。


『僕は初めてキャタルの授業を10日間受けましたが学校や他の塾とは違う点がたくさんありました。一つ目はカードBOXです。僕はこのカードのお陰でより効率よく単語などを覚えることができました。二つ目は英語を声に出して言うということです。僕はこれはとっても良いと思っているので、今は英文などを声に出すようにしています。最後はこれは先生が言っていたことなのです、平和や良い人間関係を作っていくにはコミュニケーションが一番大事だ言うことです。なので、私は今世界で一番使われている英語を自ら一生懸命勉強したいです。これからの意気込みは「慶應義塾NY校に合格」することです。これからも宜しくお願いします。



皆さん試験までもう少しですから頑張ってください。<三石>

バイリンガルの家庭教師:キャタル
[PR]

by catal | 2006-01-18 16:33 | 英語教育