カテゴリ:おすすめ( 6 )

 

「The Story of Mankind」 英語で歴史を学ぶ学習塾

英語は武器であり、道具である
英語とは決してそれ自体では、目的となりえない

英語塾キャタルでは、英語を使う喜びを伝えることも目的の一つであると考えています。


皆さんは、何のために英語を学んでいますか?
留学のため。
将来のため。
受験のため。
さまざまな目的がありますが、どれも本来的には「英語を使えるようになる」ために英語を学習しているのでしょう。
生徒さんにいち早く英語を使う喜びを感じてもらうために、キャタルの教室では英語で歴史を学ぶレッスンを行いました。

歴史を学ぶ理由
歴史を学ぶということは、過去を知り未来を予測する力を養うことだと考えています。これを少しでも感じてもらえるように、歴史の詳細な出来事や年号を覚えるのではなく、大きな枠とそれが現在にどのように影響を及ぼしているかを考え、過去の出来事を身近に感じ、歴史で学んだことから自分の行動をよりよいものにしていくことができる人材を育てたいと考えています。

c0070949_1725259.jpg教科書は「The Story of Mankind」
第1タームは「ルネサンス」について、第2タームは「産業革命」について学びました。1タームは2回に分かれていて、1回目は日本語も交えて歴史の大きな流れとその出来事の影響について、2回目は英語の文献を読みながら出来事の詳細を確認し、単語や言い回しを学び、最終的には英語でサマリーを書くというものです。
教科書には、「The Story of Mankind」を使っています。この本は、優れた児童文学書に贈られる、John Newbery Medalの栄えある第1回目の受賞作で、歴史の始まりから現在までの歴史のエッセンスをわかりやすくまとめた本です。


レッスンを受けた生徒さんの感想
私立高校1年 Sくんの感想
「何のために歴史を勉強するのか」と尋ねられた時、私は少し戸惑ってしまいました。今まで高校受験の勉強をしていた頃は、そんなことを考えたこともありませんでした。ただ言えるのは、テストに出るからと点数を取るためということです。
キャタルの世界史の授業では、受験とは違った視点で歴史を見ることができた気がします。
「何のために歴史をするのか」その答えは「未来を予想するため」と聞きました。確かに歴史は繰り返されるなんて言葉もあるので妙に納得してしまいました。さらに私は、自分の状況と歴史上の人物を比較してどうすれば良いのかと参考にしたいと思います。世界の歴史を英語で学ぶ楽しさを知り、これからの自分に役立てたいと感じました。

私立高校2年生 Kくんの感想
個人の名前や地名をひたすら覚えていく学校の授業と違い、大きな流れで考える事で難しく考えすぎずに歴史について向き合えた事が自分の中での新しい発見でした。
形式的でない進行だったので聞きやすかったです。英語で歴史を学ぶ準備にもなり良かったと思います。
[PR]

by catal | 2007-10-05 03:39 | おすすめ  

14歳からの哲学 ―考えるための教科書

こんにちは、ツダです。
朝晩が過ごしやすくなり秋の気配が感じられるようになりました。

今日は当社の三石よりおすすめの本をご紹介します。




c0070949_1713046.jpgデカルトは「我思う故に我在り」という命題の中に疑うことの出来ない自分の存在を確認し、パスカルは自然科学の中の小さな存在である人間をそれでも「人間は考える葦である」と言った。
私たちは考えることに原点があり、言葉がそれを形作っている。
言葉を教える人間として常に思うことではあるが、言葉はあくまでも形作るものでしかなくその本質は「考える」ことにあるということだ。

この本は数年前に発行された30万部のベストセラーになったので、ご存知の方も多いかと思うが、子どもたちに考えることの大切さそしてそのきっかけとなる問題提起を与えようとしてくれている。
考えるということには常に答えがあるわけでなく、その意味ではこの本に書かれていることが常にただいいわけではない。
筆者ももちろんそれを分かった上でこう言っている。

「だからとにかく大事なことは、君が『知りたい』という気持ちを強く持っているということ、たであそれだけだということです」

考えることに答えがないだけにこの本の表紙の「考えるための教科書」と言いきってしまうことには違和感を感じるが、この本を読むことを「考える」ということのきっかけにしてもらいたい。




キャタルでは、生徒さんに世界で通用する強い英語力を培っていただくと同時に、自ら考え行動することが出来るバイリンガル人材の育成を目指しています。



夢を形にするバイリンガルになろう 英語塾のキャタル
[PR]

by catal | 2007-09-13 16:18 | おすすめ  

『脳を育て、夢をかなえる』

なんで勉強しないといけないんだろう。「学ぶ」ことって意味あるのかな。

c0070949_1912565.jpgそんな疑問を日々もって勉強をしていませんか。私も小学生や中学生のころはそうでした。数学なんて絶対将来使わないのに!なんて思っていました。

でも勉強することは実は深い意味があったのです。今回紹介する本はそんな疑問に答えてくれる本です。難しい『脳』についての内容をうまく絵や画像を使って、小学生でも読めるようになっています。

著者の川島隆太先生はNintendo DSの「脳トレ」でとても有名ですが、脳科学の先駆者です。先生は前頭前野を鍛えることによって、自分の可能性を知り、夢をかなえることができるといっています。

前頭前野は気持ちややる気を起こしたり、発明したり、新しいものを作ったり、集中力をつけたり、考えることをするために必要な脳のコントロールセンターです。これを鍛えることによって、記憶力を高めたり、自分の夢を実現することができるといっています。

ではどのようにして鍛えるのでしょう?

具体的な鍛え方は本を読んでからのお楽しみとなりますが、英語学習に関して言うと:
・何度も黙読して、本を音読する
・文字をしっかりと書く
・色々な人とコミュニケーションをとる
などをすると前頭前野が活性化され、自分の夢をどんどん実現できるようです。

英語学習と脳の働きについては『バイリンガルへの道 Vol.35』で紹介しています。もしお手元になければスタッフにお知らせ下さい。また、この本の前に出されている川島先生の『自分の脳を自分で育てる』も小学生向けに書かれています。

これを読めば小学生や中学生の生徒さんも『なぜ今勉強しないといけないのか』という質問に対して少しは納得できるのではないでしょうか。

沼田

英語の家庭教師+英語塾「英語寺子屋」キャタル
無料カウンセリング+3回レッスンプレゼント実施中♪
[PR]

by catal | 2007-03-07 19:22 | おすすめ  

お勧めの本♪

こんにちは。カリキュラム担当の沼田です。

今日は「文化の日」ということで最高の天気になりました!
今の季節が一番心地いいですね♪

さて、今回は最近読んだヤングアダルト小説をご紹介したいと思います。
2冊とも9歳~12歳向けに書かれたアドベンチャー満載の洋書です♪

① 「Hoot」 by Carl Hiaasen 
c0070949_1423578.jpg
環境問題、いじめ問題、友人関係、親子関係、転校。最近問題となっている話題を一つのストーリーにまとめた本。

暴力ではなく、話し合いでいじめに立ち向かう主人公のロイ。何があっても決してロイを責めずに話し合いで彼のことを見守る両親の姿は素敵です。

大人から子供まで読んでもらいたい一冊です☆

② 「From the Mixed-up Files of Mrs. Basil E. Frankweiler」 by E.L. Konigsburg
c0070949_14242320.jpg
ニューベリー賞受賞作の本書は1967年に出版されたもの。40年たった今でも違和感なく楽しめる作品と言えるでしょう。一人の大人になりたいと願う主人公クローディアの願いと、その願いをかなえるために自分探しに出る物語は、子どもたちにとっても共感するところが多いはずです。


キャタルでは学年別・英語のレベル別になったリーディングの本をたくさん準備しています。他にも色々な本に挑戦したい!という方は是非お声をかけてください♪
[PR]

by catal | 2006-11-03 14:28 | おすすめ  

podcasting

こんにちわ、五十嵐です。

今日は最近私がはまっている、「英語放送」を紹介したいと思います。
キャタルのHPでも動画が見られるように、インターネットの普及によって、海外の放送機関が発信している情報も流れています。

インターFM(FM76.1ch)やEagle 810(AM 810ch)以外にも海外ラジオ局を聞くことができるだけで、かなり嬉しかったのですが、最近、素敵なサイトにめぐり合いました。BBC国際部のpodcastです。

音声だけのドキュメンタリー番組を配信していて、携帯音楽プレイヤーに入れて電車の中などで聞くことができます。BBCリポーターの上品な英語の他にも、ノン・ネイティブの英語など、実に様々な英語で、憂鬱な満員電車を国際的な公聴会に変身させてしまいます。普段から英語に接する機会を作り、ますます英語力をアップさせる方策になると思います。

硬めの番組が多いようですが、ある程度英語に慣れてきたら是非聞いてみてください!!

インターナショナルスクール生のためのバイリンガル家庭教師派遣:キャタル
[PR]

by catal | 2006-02-24 19:54 | おすすめ  

こんな勉強法をしてみました

はじめまして!キャタルのバックオフィスで色々と勉強させて貰っている五十嵐です。
さて、いきなりですが、バイリンガルである僕個人の知っている「裏道」を紹介したいと思います。

=バイリンガルへの裏道=
【準備】
①好きなことをする(ゲームやスポーツ、音楽等、趣味なら何でもOK!)。
②好きなことを知る(日本語で情報収集をしてみましょう)。

これで下地は出来上がりです。その「趣味の世界」が自分に染み込んでいれば染み込んでいるほど、この先の道筋は、楽チンになります。

【勉強】
④好きな分野の英語雑誌を、買ってみる(立ち読みはダメです!)。
⑤ひたすら、「読んでいるフリ」をする(下知識があればなんとなくわかるハズ)。
⑥好きな記事を何回も読んでみる(内容はわからなくてもOKです)。

これで、なんとなく、英語が「わかる」状態が出来上がります。これを続けていけば、とりあえずOKです。宣伝も兼ねて、発展編です。ここで得た知識をぶつける場としてキャタルの講師を、活用してみてはいかがでしょうか?あやふやだった英語の力が、定着していくと思います。
(あくまで僕の経験に基づいた話なので、ご参考まで!)

インターナショナルスクール生のためのバイリンガル英語家庭教師派遣:キャタル
[PR]

by catal | 2006-01-31 19:28 | おすすめ