タグ:インターナショナル スクール ( 5 ) タグの人気記事

 

慶應義塾大学理工学部4年 加留部秀岳先生にインタビュー

今回のバイリンガル教師紹介は、渋谷校でインターナショナルスクールコースや慶應ニューヨーク学院コースを担当している慶應大学4年の加留部(かるべ)先生です。

c0070949_1882789.jpg
+ + プロフィール + +
4才から8年半、アメリカ カリフォルニア州のサンフランシスコ郊外のサンマテオで過ごす。帰国後慶應湘南藤沢中等部・高等部を経て、現在慶應大学理工学部に在学中。

慶應ニューヨーク学院を目指す生徒へ
「僕はインターナショナルスクールに通う生徒や慶應NYを目指す生徒を担当しています。
普段日本の学校で行われている英語の授業では、生徒は英語を知識として学び、頭の中に蓄積していることが多いと思います。しかしそれらは蓄積されていくばかりで、使われる機会がなかなかありません。
それに比べ、慶応ニューヨーク高校で学ぶ生徒は、授業の中だけでなく生活の一部として英語を使う機会が増えきます。そのため日本から進学する生徒は、日本語だけの生活から英語での生活へ移行することになります。その移行がスムーズに行えるように、キャタルのレッスンで英語で考え、英語で話し、英語で読み書きする習慣をつけてもらいたいと思います。」

InputとOutputのバランス
「レッスンを行うにあたって、生徒のOutputをとても重要視しています。
日本で生活していると、普段の生活の場で英語を使う機会は限られています。学校の授業で先生が英語で話していても、生徒は必死に理解しようと聞いているだけなので、その状況では生徒のOutputは少ないと思います。いつも聞いているだけなので、生徒はよく『何を言えばよいかわからない』、また、『言い方がわからない』といいます。
そこで僕は生徒のOutputを促すため、こちらから積極的に質問をし、正しい言い方で正しい返答ができるよう指導しています。
また、テキストの朗読を何回もさせて、体を英語に慣れされる方法を取っています。ただ朗読するだけでなくCDや先生と一緒に読むことで、生徒自身で読解能力を向上させると共に、ネイティブの発音を聞きながら話を理解するという、会話に似た形でリーディングを行うことで読解力を養うことで、InputとOutputのバランスに気をつけています。」

信頼関係を重視したレッスン
「生徒と仲良くなることもレッスンにおいて大切な点です。それは生徒との信用を築くためでもあり、また何気ない話を英語で行うことで会話の基礎を確立するためでもあります。生徒と仲良く、楽しくレッスンを行うことで英語に対する意欲を向上させて、英語力の上達を促すことをレッスンで心がけています。」

慶應ニューヨークを目指す人のための英語塾キャタル
[PR]

by catal | 2007-10-03 05:42 | 教師紹介  

私たちの原動力 ~インター生のための家庭教師編~

こんにちは、ツダです。
私たちキャタルにとって「お客様の声」は一番の原動力です。
生徒さんが上達されたり、目標を達成されたことの報告をいただくことほど喜ばしいことはありません。
また、「こんなに英語ができるようになった!」という言葉だけでなく「もっとこういうことをして欲しい」というような声も重要だと考えています。

たくさんの方にいただく「お客様の声」ですが、今日はインターナショナルスクールコースでチュータリングを受けている生徒さんの生の声をごお届けします。

キャタルでは、インターに通う生徒さんのために、ご自宅ではみてあげることのできない大量の宿題のサポートや、SAT、SSAT、iGCSEなどの共通試験の対策のお手伝いをしています。
また、より高いレベルの学校への転校や将来の進学に関するカウンセリングも行っています。
新学期が始まり、インターに通われる方の中には、新しい先生のもとで新しいカリキュラム、そしてたくさんの宿題!!と、お悩みの方も多い時期かもしれませんが、キャタルのレッスンで結果を出していただけた人たちをご紹介します。


◇  ◇  ◇  ◇  ◇

息子が松本先生に教えて頂くようになり約2ヶ月になりました。
はじめにキャタルのスタッフに「何の教科を強化したいですか?」と聞かれ「将来海外での高校受験を考えている中で、今息子は何が必要なのか、何を強化したら良いのか見て欲しい、その上で必要な事を教えて欲しいんです」と漠然とした私の答えに「とてもおっしゃりたい事が分かります」と言って頂きました。そして松本先生とのレッスンが始まりました。
変わった事はまず、自分でどのように勉強するかを覚えた事です。以前は「勉強した?」「したよ、宿題終わったもん。他にどうやって勉強するの?」などと言っていました。今は松本先生と本を読み、何を言っているかを要約して文章を書くという事をしているようで、読んで分からない単語を辞書で調べたり、それでも分からないと「先生にどういう意味か聞いてみよう!」と彼なりの勉強の仕方を覚えたようです。
親がネイティブスピーカーでない為、英語のサポートが充分に出来ずに悩んでいましたが、お兄さんのような先生に優しく教えていただける事で安心して授業を受けているようです。
まだ日本語も英語も未熟な息子には英語しか話せない先生では微妙なニュアンスが伝わらずストレスになっていました。「これを日本語で言うと何て言うの?」などと日本語の勉強にもなり一石二鳥です。
最初にお会いした1時間弱の間に「息子さんには松本先生が良いと思います」と的確に見てくださったキャタルのスタッフの皆さんのおかげだと思います。もし相性が悪かったら週に2回のレッスンは息子にとっては苦痛になっていたでしょう。
その上、親が抱えている心配事(転校、進学の事などなど)のご相談にも親身に対応してくださり本当に感謝しています。
海外での学生生活を経験なさっているキャタルのスタッフや松本先生にご相談できる事は不安や疑問を解決出来ずにいた私にとっても大きな助けになりました。
キャタルの皆さんに感謝し、これからも宜しくお願い致します。
東京都杉並区アオバインターナショナルスクール 4th Grade 匿名希望

インター生のためのバイリンガルチューター キャタル

キャタルをはじめたのは約8ヶ月前。ちょうどインターに通う子供の家庭教師をどうやって探そうか考えていた時でした。郵便ポストにキャタルの広告を見つけ、「やっぱりあるんだ!こういうバイリンガル専門のが!」と、大発見をした気分で早速TELをしました。それから娘は、やさしいお姉さん先生といつも楽しく勉強していました。アメリカ生まれ、アメリカ育ちの娘も両親が日本人の為、家族での会話は日本語です。それゆえ新しいvocabulary やidiomがなかなか増えず、ただ学校から出される大量の宿題に追われる日々でした。
けれどキャタルの林さんとも相談し、小林先生と共にBook Readingを中心とする英語力自体の底上げをしてきた結果、徐々に力がつき始めてきました。事実学校の成績も上がり、Social StudiesなどのPresentationも楽しんでこなしている様子をとても嬉しく思います。これからもどうぞよろしくお願いします。
横浜市サンモールインターナショナルスクール 5th Grade M.Oさんのお母様

[PR]

by catal | 2007-09-28 01:11 | お客様の声  

カナディアン インターに通う Tくん

今日ご紹介するのは、自由が丘校でレッスンを受けているカナディアン・インターナショナル・スクール(以下CIS)に通うTくんです。

彼がキャタルの教室に通い始めてから、約8ヶ月がたちました。当時6年生だった彼は公立の小学校に通っていましたが、中学校からはインターナショナル スクールに通うことを希望していました。それまで3年ほど英会話スクールに通っていたので基礎的なフォニックスやスピーキングができたものの、ライティングでは短い文章しか書けず、ネイティブの中学1年レベルに届くには大変なステップアップが必要でした。そのため、CISのESLクラスに通いながら、放課後は週3回キャタルに来て徹底的に英語力アップを図ることになりました。レッスンでは筆記試験の対策としてライティングやリーディングを伸ばすと同時に、面接に向けて自分のことや自分の気持ちを口頭で伝える練習をしました。その結果、彼は厳しい試験に見事合格し、この9月から本科生としてCISのGrade7に入学することになりました。
いつも一番大きな声で読んでいる
キャタルの教室がもっとも混雑する夕方7時に、教室の中をぐるっと見渡すと、必ず彼の声が耳に入ってきます。いつでも、誰よりも、大きな声で元気いっぱいにCDに合わせてリーディングを行っています。CDはネイティブのスピードで読まれるためとても速く、1回目のリーディングではついていくことは容易ではありません。それでも2回、3回と同じところを何度も繰り返し読むことで、英語のリズムは見違えるようによくなります。これは、声に出して読むことがただ黙々と読むことよりも多くの感覚を使うため、より脳に刺激を与えることで読んでいることを深く理解し記憶に留めることができるからです。
c0070949_1924437.jpgキャタルのレッスンがない日でも、毎日自宅で英語の勉強を3時間しています。レッスンと同じようにボキャブラリーカードに書かれた文章を読んだり、ときにはおじいちゃんと一緒にCDを使ってテキストの予習や復習をしているそうです。
英語の上達のカギは、キャタルのレッスンに加え、どれだけ自主的に学んだものを繰り返し口にするかです。自宅でもネイティブの英語を耳にすることができるCD付きのテキストを有効活用し、人一倍熱心にこのトレーニングを行っているのがTくんだと言えます。

「英語はおもしろい」
始めキャタルの渋谷校で学んでいましたが、夏に自由が丘校がオープンし、現在は自宅により近い自由が丘校に通っています。レッスンの感想を聞くと、まず始めに「おもしろい」の一言が返ってきました。その理由を追求してみると、「英語は難しいけど、新しい言葉を知ることや、それまで言えなかったことが言えるようになるのがおもしろい。今レッスンで使っているリーディング テキストの”Dracula”の話はあまり好きじゃないけど、たくさん声に出したり、先生と英語で考えるのが楽しい。今日はレッスンで学校の宿題をして、英語のJOKEを自分で作った」と答えてくれました。
彼は英語そのものに加え、何かを学ぶことの楽しさをレッスンで感じています。「勉強」という言葉を聞いて拒否反応を起こすような方も中にはいますが、キャタルでは、新しいことを知ろうと思う探究心や、わからないことや問題が解決できたときのわくわく感をレッスンで味わっていただきたいと思っています。英語は楽しく、おもしろいのです。

今の課題は、ボキャブラリーを増やし、文章構成力を身につけて長文を書けるようになることです。インターのGrade7レベルに追いつくための道のりは長く険しいものかもしれませんが、その過程を楽しみながら一緒に頑張りましょう。
[PR]

by catal | 2007-09-19 11:00 | 授業紹介  

スタンフォード大学3年 富山 茜先生

キャタルには、休暇ごとに日本に帰国し、キャタルの塾「英語寺子屋」で教師をしている海外の大学に在学中のバイリンガルがたくさんいます。
今日はスタンフォード大学在学中の富山茜先生を紹介します。


富山先生のバックグランドを教えてください。
アメリカのペンシルベニア州で生まれ、1才で日本に帰って来て、3才から18才までずっとAmerican School In Japan(以下ASIJ)というインターナショナルスクールに通っていました。育った環境は海外のようなものですが、実は海外経験はほぼなくて、大学に行って初めてアメリカで生活をしました。

c0070949_1947374.jpgASIJはどんな学校ですか?
アメリカンスクールという名前の通り、アメリカの高校をそのまま日本に持ってきたようなものです。ASIJの生徒のほとんどはバイリンガルですが、授業は全部英語なので普通のアメリカの高校と変わらないと思います。
ただ、ASIJはいわゆるPrep Schoolなので、大学進学のためにいろいろなオリエンテーションがあり、早いうちから大学準備を授業でしていきます。私も小さいころから将来はアメリカの大学に行きたいと思っていたので、勉強は真剣に取り組んでいました。


スタンフォード大学を選んだ理由を教えてください。
多くのインターナショナルスクール生がそうであるように、ASIJの生徒も95%以上が高校を卒業すると海外の大学に進学します。私の場合は、アメリカで生まれて国籍も持っているので、早いうちからアメリカの大学を考えていました。
小さいときはハーバードに行きたいと思っていました。でもスタンフォードは、充実したプログラムはもちろん、気候もよくて、大学を訪問したときにすごく陽気な雰囲気を感じました。他の大学も受けるつもりでしたが、前から行きたいと思っていたスタンフォードにSingle Choice Early Applicationという制度を使って出願し、12月に決まったので、他の大学はほとんど受けませんでした。独特ののんびりしたところが私にはあっているので、楽しい大学生活を過ごすのに最適な学校だと思っています。

受験勉強は何をしましたか?
大学入試に向けて、SATの勉強を11年生になる前の夏休みから始めました。他にも、アプリケーションのエッセイの書き方も練習して準備しました。勉強は本当にたくさんしました。受かる前も、受かった後も!

アメリカの大学に行って感じたことはありますか?
私は3才から高校を卒業するまで一つの学校に通っていたので、大学に入ったときに一番不安だったのが新しい友達を作ることでした。でもスタンフォードは私立の大学ということもあって、ASIJと雰囲気が似ていたため、思っていたよりも早くなじむことができました。
アメリカの大学に入って一番感じたのが、日本とアメリカの違いです。日本では、特にASIJの生徒は、一人一人が国際的なバックグラウンドや視野を持っていて、でも日本のこともよくわかっていると感じました。でもスタンフォードの学生は、カリフォルニア出身の人も多くて、アメリカどころかカリフォルニアさえも出たことがないという人がいてびっくりしました。
また、今までは自分が日本人だということを意識したことがなかったのが、アメリカに行ってから日本人であることだけでなく、アジア人だということを考えるようになりました。いろいろな人種がいるアメリカだからこそ「アジア人」というアイデンティティーが生まれたと思います。

インターから海外に行くことのメリットはありますか?
メリットはやっぱり、これまで学んできた英語が活かせること。せっかく英語で学んできたのだから、外に出てそれを活用しないともったいないような気がします。ずっと日本にいると他に比べるものがないけど、アメリカに行くと「こういう違いがあるんだ」と肌で感じられると思います。
[PR]

by catal | 2007-08-15 19:51 | 教師紹介  

ブリティッシュ・スクール・イン・トウキョウ 訪問報告

キャタルは様々な首都圏のインターナショナル・スクールとつながりをもって親しくさせていただいています。その中でも、今回はブリティッシュ・スクール・イン・トウキョウ(以下ブリティッシュ・スクール)の様子をレポートします!
c0070949_00395.jpg

楽しい学びの環境
人は環境によって学ぶ意欲や物事を吸収するスピードが変わってくるので、学びの環境はとても大切だとキャタルでは考えています。
海外の学校では、教室はもちろん廊下にも学びの空間が広がっていて学校全体が楽しく学ぶ空間になっていることが多いです。その顕著な例がブリティッシュ・スクールだと感じました。

「色」、「音」、「マインドマップ」・・・授業以外からも学ぶ
ブリティッシュ・スクールでは、機能的で学習意欲を上げる色が使われている机やいすを海外から取り寄せています。理科室にいたっては、イギリスの教室に使われている設備を特別に注文して、温かみのある空間を作っています。
廊下には生徒さんの作文や課題がカラフルな掲示物として施され、リスニングや音楽の宿題をするために廊下にはiPodを接続して聞けるスペースが設けられています。図書館には読書感想文が貼り出してありますが、文章に至るまでのマインドマップ、下書き、本番、先生からの評価や自己評価シートも一緒に貼ってあり、ひとつの課題が立体的に見られるようになっています。
c0070949_003714.jpg廊下や教室に貼り出されたものを見ながら、他の生徒から学んだり、お互いにポジティブな評価をしあったりして理解度を深めているようです。他の生徒が書いたマインドマップを見て自分のものを改善したり、その課題を復習したりできます。
課題は先生方が貼ってくださるようで先生方の愛情が伝わってきます。壁に貼るのはもちろん、天井から作品がぶら下げてあったり、写真コンテストをやってその入賞者の作品が大きく引き伸ばされて廊下のアートになっていたり、覚えないといけない単語がきれいに教室に並べてあったりと、とにかく楽しく学べる環境がそこにはありました。
何よりも、生徒さんたちも学校訪問者にはとてもオープンで、全員気さくに笑顔で挨拶してくれたのが印象的でした。

「楽しい学びの空間」を目指して
キャタルでも生徒さん一人一人に「楽しい学びの空間」が提供できるよう努めています。ただ机に向かって英単語を頭に詰め込むのではなく、先生たちと楽しく英語を声に出して身につけていただけるよう、教室の壁にはカラフルなポスターや掲示物を貼っています。ブリティッシュ・スクールのように、生徒さんが書いた作文もマインドマップ付で貼り出しています。また、教室で使うマグネットや教材は海外から取り寄せた色とりどりのものを使っていて、今後も来るだけで楽しく学べる英語寺子屋にしていきたいと思います!
[PR]

by catal | 2007-07-29 23:57 | インターナショナルスクール