タグ:カナディアン ( 1 ) タグの人気記事

 

カナディアン インターに通う Tくん

今日ご紹介するのは、自由が丘校でレッスンを受けているカナディアン・インターナショナル・スクール(以下CIS)に通うTくんです。

彼がキャタルの教室に通い始めてから、約8ヶ月がたちました。当時6年生だった彼は公立の小学校に通っていましたが、中学校からはインターナショナル スクールに通うことを希望していました。それまで3年ほど英会話スクールに通っていたので基礎的なフォニックスやスピーキングができたものの、ライティングでは短い文章しか書けず、ネイティブの中学1年レベルに届くには大変なステップアップが必要でした。そのため、CISのESLクラスに通いながら、放課後は週3回キャタルに来て徹底的に英語力アップを図ることになりました。レッスンでは筆記試験の対策としてライティングやリーディングを伸ばすと同時に、面接に向けて自分のことや自分の気持ちを口頭で伝える練習をしました。その結果、彼は厳しい試験に見事合格し、この9月から本科生としてCISのGrade7に入学することになりました。
いつも一番大きな声で読んでいる
キャタルの教室がもっとも混雑する夕方7時に、教室の中をぐるっと見渡すと、必ず彼の声が耳に入ってきます。いつでも、誰よりも、大きな声で元気いっぱいにCDに合わせてリーディングを行っています。CDはネイティブのスピードで読まれるためとても速く、1回目のリーディングではついていくことは容易ではありません。それでも2回、3回と同じところを何度も繰り返し読むことで、英語のリズムは見違えるようによくなります。これは、声に出して読むことがただ黙々と読むことよりも多くの感覚を使うため、より脳に刺激を与えることで読んでいることを深く理解し記憶に留めることができるからです。
c0070949_1924437.jpgキャタルのレッスンがない日でも、毎日自宅で英語の勉強を3時間しています。レッスンと同じようにボキャブラリーカードに書かれた文章を読んだり、ときにはおじいちゃんと一緒にCDを使ってテキストの予習や復習をしているそうです。
英語の上達のカギは、キャタルのレッスンに加え、どれだけ自主的に学んだものを繰り返し口にするかです。自宅でもネイティブの英語を耳にすることができるCD付きのテキストを有効活用し、人一倍熱心にこのトレーニングを行っているのがTくんだと言えます。

「英語はおもしろい」
始めキャタルの渋谷校で学んでいましたが、夏に自由が丘校がオープンし、現在は自宅により近い自由が丘校に通っています。レッスンの感想を聞くと、まず始めに「おもしろい」の一言が返ってきました。その理由を追求してみると、「英語は難しいけど、新しい言葉を知ることや、それまで言えなかったことが言えるようになるのがおもしろい。今レッスンで使っているリーディング テキストの”Dracula”の話はあまり好きじゃないけど、たくさん声に出したり、先生と英語で考えるのが楽しい。今日はレッスンで学校の宿題をして、英語のJOKEを自分で作った」と答えてくれました。
彼は英語そのものに加え、何かを学ぶことの楽しさをレッスンで感じています。「勉強」という言葉を聞いて拒否反応を起こすような方も中にはいますが、キャタルでは、新しいことを知ろうと思う探究心や、わからないことや問題が解決できたときのわくわく感をレッスンで味わっていただきたいと思っています。英語は楽しく、おもしろいのです。

今の課題は、ボキャブラリーを増やし、文章構成力を身につけて長文を書けるようになることです。インターのGrade7レベルに追いつくための道のりは長く険しいものかもしれませんが、その過程を楽しみながら一緒に頑張りましょう。
[PR]

by catal | 2007-09-19 11:00 | 授業紹介