タグ:慶應大学 ( 1 ) タグの人気記事

 

慶應義塾大学理工学部4年 加留部秀岳先生にインタビュー

今回のバイリンガル教師紹介は、渋谷校でインターナショナルスクールコースや慶應ニューヨーク学院コースを担当している慶應大学4年の加留部(かるべ)先生です。

c0070949_1882789.jpg
+ + プロフィール + +
4才から8年半、アメリカ カリフォルニア州のサンフランシスコ郊外のサンマテオで過ごす。帰国後慶應湘南藤沢中等部・高等部を経て、現在慶應大学理工学部に在学中。

慶應ニューヨーク学院を目指す生徒へ
「僕はインターナショナルスクールに通う生徒や慶應NYを目指す生徒を担当しています。
普段日本の学校で行われている英語の授業では、生徒は英語を知識として学び、頭の中に蓄積していることが多いと思います。しかしそれらは蓄積されていくばかりで、使われる機会がなかなかありません。
それに比べ、慶応ニューヨーク高校で学ぶ生徒は、授業の中だけでなく生活の一部として英語を使う機会が増えきます。そのため日本から進学する生徒は、日本語だけの生活から英語での生活へ移行することになります。その移行がスムーズに行えるように、キャタルのレッスンで英語で考え、英語で話し、英語で読み書きする習慣をつけてもらいたいと思います。」

InputとOutputのバランス
「レッスンを行うにあたって、生徒のOutputをとても重要視しています。
日本で生活していると、普段の生活の場で英語を使う機会は限られています。学校の授業で先生が英語で話していても、生徒は必死に理解しようと聞いているだけなので、その状況では生徒のOutputは少ないと思います。いつも聞いているだけなので、生徒はよく『何を言えばよいかわからない』、また、『言い方がわからない』といいます。
そこで僕は生徒のOutputを促すため、こちらから積極的に質問をし、正しい言い方で正しい返答ができるよう指導しています。
また、テキストの朗読を何回もさせて、体を英語に慣れされる方法を取っています。ただ朗読するだけでなくCDや先生と一緒に読むことで、生徒自身で読解能力を向上させると共に、ネイティブの発音を聞きながら話を理解するという、会話に似た形でリーディングを行うことで読解力を養うことで、InputとOutputのバランスに気をつけています。」

信頼関係を重視したレッスン
「生徒と仲良くなることもレッスンにおいて大切な点です。それは生徒との信用を築くためでもあり、また何気ない話を英語で行うことで会話の基礎を確立するためでもあります。生徒と仲良く、楽しくレッスンを行うことで英語に対する意欲を向上させて、英語力の上達を促すことをレッスンで心がけています。」

慶應ニューヨークを目指す人のための英語塾キャタル
[PR]

by catal | 2007-10-03 05:42 | 教師紹介