タグ:英語 ( 7 ) タグの人気記事

 

「強い英語力」を手に入れる冬期講習 開講中

いよいよ冬休みですが、みなさんはどのように過ごされますか?
英語塾のキャタルでは、毎年恒例のウィンタースクールを今年も開講しています。

キャタルのウィンタースクールでは、一人ひとり目標を立てて、短期クラスで課題をクリアすることで達成感を得て、英語を好きになることを目指しています。

普段教室ではなく、英語の家庭教師で学んでいる方もたくさんいらっしゃっています。


キャタルの冬季講習は英語を学びたいこんな方にはオススメです:

○ 正しい英語の勉強方法を身につけて、学校の試験にも受験にも勝てる「強い英語力」を身につけたい

○ 学期で学んだ英語の復習をして、苦手なところ(特に文法!)を基礎から学び克服したい

○ 英語の本を一冊読んで、長文問題の速読法と解き方のコツを学びたい

○ 自分の意見や考えを英語で伝えらるようになりたい、スピーキング(英会話)力を強化したい

○ ライティングメソッドを身につけて、ライティングを強化したい

○ 留学/転勤に向けて、英語力を集中的にアップしたい

c0070949_12424149.jpg

------------------------------------------------------------------------------------

【日程】
ターム1: 12月17日(月) ~21日(金)  10:00~13:00
ターム2: 12月24日(月・祝) ~28日(金)  10:00~13:00

【場所】
英語塾キャタル 渋谷校
※ 自由が丘校でウィンタースクールは開講しておりません。ご了承ください

【料金】
1レッスン(3時間) 9,450円(税込み)
(1ターム(15時間) 9,450円×5日間=47,250円(税込み))

【形式】
教師1人×生徒2~3人のセミプライベートの個別指導


お申込・お問い合わせはキャタル 03-3780-1577 まで!!






バイリンガル教師が教えれる家庭教師と英語塾のキャタル

慶應NY学院受験コースも開講中!
[PR]

by catal | 2007-12-18 12:35 | News  

英検を勉強して、「強い英語力」を身につける簡単な方法

英検を受験される皆さまへお知らせです!
中学卒業までに2級を取得する、英検の対策方法の講習を開講します。


従来の英語の勉強方法といえば・・・

     ・ 本に書いてあることを暗記する
     ・ 単語の意味を覚える
     ・ 黙々と勉強する
     ・ ノート、または小さな単語カード
     ・ 英和辞典 (電子辞書)
     ・ 本を黙って読む
     ・ 高校卒業までに2級取得
     ・ 英検に合格することが目的

としています。


しかし、キャタルでは!

     ・ 教師の英語をマネする
     ・ 単語を例文ごと言えるようになる
     ・ 声を出して勉強する
     ・ 英英辞典 (紙)
     ・ 本はCDをマネして声に出す
     ・ 中学卒業までに2級取得
     ・ 英検を通じて、英語を習得することが目的


です!
一日で英検の勉強法を学び、英検が好きになる 『英検1Day講習』 を開講します。

英検を勉強しながら、本当に使える英語力を身につける、簡単な方法を1回のレッスンお伝えします。

. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .

日程:  11月25日(日)
     英検3級 ・・・ 10:00~13:00
     英検準2級 ・・・ 13:30~16:30
     英検3級 ・・・ 17:00~20:00
  
形式:  教室での授業形式 (定員12名)

場所:  キャタル 渋谷校  (東京都渋谷区桜丘町15-15 NKG東京第2ビル 6F)

料金:  5,000円 (税込み)  ※ 料金にはボキャブラリーBOX(1,780円)が含まれます

. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .



お問い合わせ・お申込みは キャタル 03-3780-1577 までお電話ください!



バイリンガルが教える英語家庭教師と英語塾 キャタル
[PR]

by catal | 2007-11-15 22:40 | News  

カナディアン インターに通う Tくん

今日ご紹介するのは、自由が丘校でレッスンを受けているカナディアン・インターナショナル・スクール(以下CIS)に通うTくんです。

彼がキャタルの教室に通い始めてから、約8ヶ月がたちました。当時6年生だった彼は公立の小学校に通っていましたが、中学校からはインターナショナル スクールに通うことを希望していました。それまで3年ほど英会話スクールに通っていたので基礎的なフォニックスやスピーキングができたものの、ライティングでは短い文章しか書けず、ネイティブの中学1年レベルに届くには大変なステップアップが必要でした。そのため、CISのESLクラスに通いながら、放課後は週3回キャタルに来て徹底的に英語力アップを図ることになりました。レッスンでは筆記試験の対策としてライティングやリーディングを伸ばすと同時に、面接に向けて自分のことや自分の気持ちを口頭で伝える練習をしました。その結果、彼は厳しい試験に見事合格し、この9月から本科生としてCISのGrade7に入学することになりました。
いつも一番大きな声で読んでいる
キャタルの教室がもっとも混雑する夕方7時に、教室の中をぐるっと見渡すと、必ず彼の声が耳に入ってきます。いつでも、誰よりも、大きな声で元気いっぱいにCDに合わせてリーディングを行っています。CDはネイティブのスピードで読まれるためとても速く、1回目のリーディングではついていくことは容易ではありません。それでも2回、3回と同じところを何度も繰り返し読むことで、英語のリズムは見違えるようによくなります。これは、声に出して読むことがただ黙々と読むことよりも多くの感覚を使うため、より脳に刺激を与えることで読んでいることを深く理解し記憶に留めることができるからです。
c0070949_1924437.jpgキャタルのレッスンがない日でも、毎日自宅で英語の勉強を3時間しています。レッスンと同じようにボキャブラリーカードに書かれた文章を読んだり、ときにはおじいちゃんと一緒にCDを使ってテキストの予習や復習をしているそうです。
英語の上達のカギは、キャタルのレッスンに加え、どれだけ自主的に学んだものを繰り返し口にするかです。自宅でもネイティブの英語を耳にすることができるCD付きのテキストを有効活用し、人一倍熱心にこのトレーニングを行っているのがTくんだと言えます。

「英語はおもしろい」
始めキャタルの渋谷校で学んでいましたが、夏に自由が丘校がオープンし、現在は自宅により近い自由が丘校に通っています。レッスンの感想を聞くと、まず始めに「おもしろい」の一言が返ってきました。その理由を追求してみると、「英語は難しいけど、新しい言葉を知ることや、それまで言えなかったことが言えるようになるのがおもしろい。今レッスンで使っているリーディング テキストの”Dracula”の話はあまり好きじゃないけど、たくさん声に出したり、先生と英語で考えるのが楽しい。今日はレッスンで学校の宿題をして、英語のJOKEを自分で作った」と答えてくれました。
彼は英語そのものに加え、何かを学ぶことの楽しさをレッスンで感じています。「勉強」という言葉を聞いて拒否反応を起こすような方も中にはいますが、キャタルでは、新しいことを知ろうと思う探究心や、わからないことや問題が解決できたときのわくわく感をレッスンで味わっていただきたいと思っています。英語は楽しく、おもしろいのです。

今の課題は、ボキャブラリーを増やし、文章構成力を身につけて長文を書けるようになることです。インターのGrade7レベルに追いつくための道のりは長く険しいものかもしれませんが、その過程を楽しみながら一緒に頑張りましょう。
[PR]

by catal | 2007-09-19 11:00 | 授業紹介  

14歳からの哲学 ―考えるための教科書

こんにちは、ツダです。
朝晩が過ごしやすくなり秋の気配が感じられるようになりました。

今日は当社の三石よりおすすめの本をご紹介します。




c0070949_1713046.jpgデカルトは「我思う故に我在り」という命題の中に疑うことの出来ない自分の存在を確認し、パスカルは自然科学の中の小さな存在である人間をそれでも「人間は考える葦である」と言った。
私たちは考えることに原点があり、言葉がそれを形作っている。
言葉を教える人間として常に思うことではあるが、言葉はあくまでも形作るものでしかなくその本質は「考える」ことにあるということだ。

この本は数年前に発行された30万部のベストセラーになったので、ご存知の方も多いかと思うが、子どもたちに考えることの大切さそしてそのきっかけとなる問題提起を与えようとしてくれている。
考えるということには常に答えがあるわけでなく、その意味ではこの本に書かれていることが常にただいいわけではない。
筆者ももちろんそれを分かった上でこう言っている。

「だからとにかく大事なことは、君が『知りたい』という気持ちを強く持っているということ、たであそれだけだということです」

考えることに答えがないだけにこの本の表紙の「考えるための教科書」と言いきってしまうことには違和感を感じるが、この本を読むことを「考える」ということのきっかけにしてもらいたい。




キャタルでは、生徒さんに世界で通用する強い英語力を培っていただくと同時に、自ら考え行動することが出来るバイリンガル人材の育成を目指しています。



夢を形にするバイリンガルになろう 英語塾のキャタル
[PR]

by catal | 2007-09-13 16:18 | おすすめ  

森村学園中等部3年 五藤由佳さん

今日の授業紹介は、森村学園中等部3年の五藤由佳さんです。
キャタルの生徒さんの多くがそうであるように、由佳さんもレッスンを始める前のカウンセリングでは「英語はあまり好きじゃない」と言っていました。レッスンを始めたときの保有資格は英検5級。それからリスニングとリーディングを効率的に行い、InputとOutputを繰り返すトレーニングを行ったことで、8ヶ月後には英検準2級を獲得することができました。これには自分でもびっくりしたそうですが、英語は一日二日で習得できるものではありません。毎日続けること、そして何よりもキャタルでは英語を好きであることが大切だと考えています。今月は「いつの間にか英語を好きになった」と言う由佳さんのレッスン風景と英語力飛躍の秘訣をお伝えします。

たくさんのInputとOutput、これが基本
由佳さんはレッスンでも、家でも、CDやボキャブラリーカードを使って、たくさんのInputとOutputをして英語を学んでいます。
レッスンはいつもボキャブラリーカードの復習から始まります。前回のレッスンで覚えた単語だけでなく、ボキャブラリーボックスの中から教師がランダムにカードを選び、テストをします。カードに書かれた定義をヒントに、書かれた例文をカッコを埋めてを読むことができるかをみます。できなかった例文は何度も声に出して読んで、言葉の意味や使い方だけでなく、同時に正しい文法も習得しています。中でも「×」に分類されているものは重点的に行い、「○」や「◎」に昇格できるよう心がけています。

c0070949_1950737.jpgc0070949_19501922.jpgc0070949_19503390.jpg



自然に英語がでてくるようになるレッスン
次に、本を朗読したCDと一緒に声に出して読むことで、リスニングとリーディングを同時に行うキャタル独自のリーディングメソッドに沿って本を読みます。この日は名作「Alice’s Adventures in Wonderland(不思議の国のアリス)」を読んでいました。CDにあわせて音読するRead Alongは、ネイティブの子供たちもたくさん行う、自然に英語を学ぶことのできる手法です。由佳さんはこれまでに何冊もの本をこの方法で読んでいるため、大変流暢に読むことができます。特に「Alice’s Adventures in Wonderland」は親しみがあることから、楽しく読んでいるそうです。また、このトレーニングのおかげで自然に英語で会話ができるようになったとのことです。
レッスンの終盤は、今日読んだ範囲のサマリー(要約)ライティングを行います。「ライティングが一番難しい。英語で一から文章を組み立てるのが大変」と言う由佳さん。確かに、言語において最も難しいのが書くOutputだといいます。けれども初めのころは一行書くのが精一杯だったのが、今では自分の言葉で一ページの要約文が書けるようになりました。英語は特に論理性が求められる言語なので、ライティングは今後も意欲的に取り組みましょう。

洋楽を聴いて、歌詞から学ぶ
最近、由佳さんは自ら英語を読んでみようという気持ちになってきたそうです。中でも洋楽の歌詞は、以前は特に気に留めていなかったのが、きちんと意味を把握するために繰り返し読み上げるようになったとのこと。この日も ”Where are the hopes? Where are the dreams? My Cinderella story scene. When do you think they'll finally see…” と、アヴリル・ラヴィーンの曲からの一節を披露してくれました。


由佳さんが英検準2級を合格したときは、教師も私たちキャタルのスタッフも本当に嬉しく思いました。お休みをせずにほぼ毎日続けてきた努力が結んだものだと信じています。これからも英語を楽しんで学んでください。


生徒さんの声:
「キャタルで英語を頑張ると、不思議と学校や部活もうまくいくようになりました。すごく気合が入ります!キャタルの気に入っているところは先生と生徒の仲が良いところ。呉先生は英語でおもしろい話をしてくれたり、外国での生活はどうだったかなど色々なアドバイスをしてくれるので、すごく楽しいです。いつの間にかボキャブラリーが増えて、自然に英語で会話ができるようになりました。」



呉優美先生から一言:
「由佳ちゃんは英語に対してとてもポジティブで高い意識をもっているため、教え甲斐があり、いつもレッスンを楽しみにしています。レッスンを通して私自身も学ぶことがたくさんあります。これからも目標をしっかり持って、一緒に頑張っていきたいと思います。」

[PR]

by catal | 2007-08-17 19:56 | 授業紹介  

マインドマップのすゝめ

前回、ブリティッシュ・スクールの訪問記において、「マインドマップ」が使われているお話をしました。今回はそのマインドマップについてご紹介します。

マインドマップ。一言でお伝えするとそれは、頭の中の見取り図を色や絵、言葉を線でつなげたりして紙の上に書いたものです。
私たちの頭の中はどのようになっているでしょうか?箇条書き?それとも文章で構成されているのでしょうか?違いますよね。私たちの頭の中は、イメージと連想によって構成されています。そのイメージと連想を分かりやすく図式化したものがマインドマップなのです。

c0070949_20214191.jpg

あの天才達もマインドマップを使っていた!
歴史に残る天才と言えば…レオナルドダビンチ、アインシュタイン、エジソン、モーツアルト。
彼らも皆マインドマップの手法を使っていたといわれています。彼らのノートは非常に特徴的で文字や絵、色彩がふんだんに使われており、論理的思考を司る左脳とイメージや直感を司る右脳をリンクさせて物事を考えていたことがうかがえます。

これは天才だけに限られた能力でしょうか?

私たちも物事を考える時イメージを頭に思い浮かべるのではないでしょうか。また、それを色々なものと関連付けて考えを進めていくでしょう。私たちも、天才と同じように物事を考え、このマインドマップを使うことで天才のような成果をだせるとしたらどうでしょう。マインドマップの考案者であるトニー・ブサン氏は、「天才は作り出すことができる」と考えています。マインドマップを使って、自分の思考力や記憶力、想像力を高めることができるとすれば素晴らしいと思いませんか?
c0070949_20221495.jpg
チャールズ・ダーウィンの進化の木の線画

マインドマップはどのように使えるか?
マインドマップは全ての知的作業に役立つといわれています。たとえばキャタルのレッスンでは、リーディングやライティングのレッスンで利用できます。
また、関連あるものを一つの塊にして記憶をする記憶術も学ぶことができます。スポーツにおいては目標設定とそれを実現させるために現状把握、実際の行動計画の作成などに役立つとも言われています。
これは、私たちの学習にも役立つと思いませんか?

c0070949_20223293.jpg

マインドマップの大家、トニー・ブサン氏からキャタルの生徒さんへメッセージ
ブザン氏は子どもたちが脳の働きを理解して、脳を活性化して物事を考えることができるようになることを一つにミッションとしています。まさに「学ぶことを学ぶ」ための最善の手法の一つがマインドマップの活用だと言っています。
脳の研究をされている方なんて気難しいのかな・・・と思われるかもしれませんが、全く逆でイギリス紳士らしくウィットに富んだ、けれども的をずばっとつく話し方が非常に印象的な方です。
そんなブザン氏から、マインドマップに取り組むキャタルの生徒さんへメッセージです:

君たちは生まれながらのリーダーだ。
これからの世の中をよくしていくために君たちの若いパワーを使って欲しい。




マインドマップを使って英語を学ぶキャタル
人気ランキング ブログの殿堂!
[PR]

by catal | 2007-08-03 20:26 | 英語教育  

自由が丘校 開校!

こんにちは、ツダです。
ひまわりが日に日に背を伸ばす季節となりました。

昨年の4月に渋谷に教室を開校して以来、たくさんの生徒さんがキャタルの英語寺子屋で学び目標を達成されてきました。
キャタルではもっともっと多くの生徒さんに家庭教師に加え、塾という集中して学ぶことができる環境で英語を身につけていただきたく、この夏自由が丘校をオープンしました!

そして、現在渋谷校で開講中のサマースクールが大盛況のため、自由が丘校での開講も決定しました!!


★ 夏の間の学力低下を防ぎたい

★ 夏期講習で英語を集中的に学んで、正しい英語の勉強方法を身につけたい

★ 新学期に備えて予習・復習をして、英語を得意科目にしたい

★ 留学を目指している・留学が決まっているので、その準備がしたい

★ 英検・TOEFL・SATのスコアアップがしたい



このような方のための英語塾です。
横浜や二子玉川より通いやすい自由が丘で、一緒に目標を達成しましょう!

キャタル自由が丘校
世田谷区奥沢5-39-15 (自由が丘駅南口より徒歩3分) 地図

見学希望の方はキャタルに直接お問い合わせください。
[PR]

by catal | 2007-07-20 21:06 | News